landscape-g2a5e94995_1280

EnriqueによるPixabayからの画像

 

【アークテリクス製品が欲しくなり…】

皆さんこんにちは。

今回は趣向を変えて服の話にしてみようと思います。皆さんは冬のアウターは何を着ていますか?コート?ダウン?私は服といえば1年を通してほぼユニクロ率100%な男でしたので、一昨年くらいまでは冬のいでたちはウルトラライトダウンとステンカラーコートの重ね着の固定スタイルでした(ユニクロさん大変お世話になっています)。でも去年、今年と、ちょっと気が変わってアークテリクスのアウターを購入したのでその辺のことについて書いていこうと思います。

アークテリクスはカナダのアウトドア系のブランドで、その製品はどれもシンプルで高機能、高品質、そしてそのスタイリッシュなデザインが売りとなっていて、最近ではかなり人気を集めているようですね。私が購入したのはラッシュジャケットという、数あるアークテリクスのハードシェルといわれるアウターの中でもスキーやスノーボードなどのウインタースポーツに特化したモデルとなっています。これさえ着ればスキーやスノボが上手くなるわけではないですが、めっちゃ気分が上がること確実です。そしてこれをスキーやスノボのみならず、街着としても着用してしまおうと考えての購入となりました。アークテリクス製品は見た目がすごくシンプルで洗練されているので、例えばアルファSVなどのアルパイン系のゴリゴリのハードシェルでも街着としてスマートに着用している人をちらほら見かけますね。その辺に人気の秘密があるのかもしれません。

IMG_4699

 

【ラッシュジャケット!】

アークテリクスのジャケットを購入しようと思った時に、もちろん参考にするために公式サイトや専門店をはじめ、すでに購入した人の動画やレビュー記事なども拝見しまくりました。アルファSVやベータLTなどの人気の高いジャケットは商品レビューもたくさん見かけますね。でも私の今回のねらい目は…、どうせ高いお金を払うのだから(9万超)、少し変わったものが欲しいかな…と思い、ラッシュジャケットにしたのでした。ラッシュジャケットはスキー・スノボに特化したジャケットで、高い防水・透湿機能を備えた皆さんご存じのゴアテックス生地、その中でも特に丈夫なゴアテックス・プロのMost Ruggedという生地が搭載されています。スキーやスノボには転倒や滑落などのアクシデントはつきものなので、そうした事故から生命と身体をしっかり保護するためにも80デニールという太いナイロンの糸で編まれた大変丈夫な生地が使われていて、さらに両肩の部分はさらに頑丈な100デニールの生地で補強されているという素晴らしく丈夫なジャケットです(ちなみにアルファSVはすべてが100デニール生地という最高レベルに強靭なジャケット)。

まあ、生地が分厚くて丈夫ということは、パリッとした感じがあって格好いい反面、ごわついたり着心地が犠牲になったりということはある程度はあるようですね。着用して動くともちろんシャカシャカ音(衣擦れの音)はしますが、私はあまりその辺については全く気にならないです。街で他の人がシャカシャカしてても別に何とも思わないですが、気になる人は要注意かもしれません。さらにスキー・スノボ用ということもあって、転んだ時などに雪がジャケットの中に入ってこないようにパウダーガードがついています。(パウダーガードはアルファ・シリーズやベータ・シリーズにはついていません。まあ雪のある環境以外では必要ないかもしれませんね。)このパウダーガードは、アークテリクスのスキー・スノボ用のパンツにカチッと接続できるフックの穴もついていて、上下揃えるとさらに楽しく心強いスキー・ライフが楽しめそうですね。またラッシュ・ジャケットの特徴としては袖のベルクロがほかのジャケットより太くできていて、私はそれがこのジャケットのお気に入りの一つだったりもします。

IMG_6501

 

【ラッシュジャケットのサイズ感】

さてサイズ感についてみていきたいと思います。私は身長178cmで体重78kg、筋肉質で腕がちょっと長めです。昨年はLサイズのラッシュジャケット(黒)、今年はMサイズのラッシュジャケット(オルカ)を購入しました。去年、初めての購入にあたっては、まずはネット検索から…。ラッシュジャケットのレビュー記事はあまり見かけませんでしたが、アークテリクス製品のレビューを全体的に見ていくと、私くらいの身長・体重であれば、だいたいSサイズが適正サイズのような印象を受けました。海外のサイズなので日本のサイズとは異なることは十分理解しているつもりですが、とはいえ、さすがにいつもXL(日本サイズ)着ているのにSサイズというのはちょっと抵抗があり信じられない気持ちがしました。ですので、いきなり公式サイトでSサイズを注文するのは危険と判断し、実店舗を訪れて試着してみることにしました。で、結局、実店舗でもSサイズは試着しなかったのですが、最初にMサイズを試着してみて、自分にはMサイズがほぼジャストなサイズだということを実感しました。アークテリクス製品は総じて袖が長い作りになっているという話でしたが、ラッシュ・ジャケットも例外ではなく袖はかなり長く作られていて腕が長い私が着用しても手の甲が半分隠れる感じです。でもベルクロで調整するとちょうどいい感じで、手首がキュッとしまっていてそこからふわっとなるシルエットもばっちりな感じがしました。なお、ベルクロ調整なしでの袖の長さで合わせたらSサイズがジャストかもしれませんが、胸や肩がぴったりすぎる(ややきつい)と感じるのではないかと思われます。例えばロンTの上に羽織るくらいならSサイズでもOKだと思いますが、中にいろいろ着こむとなるとちょっと無理だと判断しました。ジャケット着用を想定する季節から考えてもロンTの上にラッシュジャケットのみ着用というシーンはあまりなさそうです。ロンT、カーディガンの上に中間着として薄手の中綿アトムLTジャケット(アークテリクス製品)を着てその上に着用ならMサイズがばっちりでした。

でも、もうちょっと厚手のフリースやセーター、中綿ジャケット等を中に着るとMでも胸周り肩回りが若干きつい感じが…。さらに、ズボンの外にシャツを出した上からの着用や、スーツの上から着用(これはあまりないかもしれませんが…)を考えるとLサイズの方がよいような気もしてきました。私的にはジャケットの下からひらひらが出るのはあまり好きではなく、その点、Lサイズなら十分にカバーできるような大きさでした。尚、ラッシュ・ジャケットは、ほかのジャケットに比べるとそもそも着丈が長くできているようです(アルファSV:78cm、ラッシュ・ジャケット:79.5cm、公式サイトより)。MサイズとLサイズを交互に着てみたのですが結局どちらにするか決めかねたので、店員さんの意見を聞いてみると、Lサイズでも見た目におかしいということはないし、たくさん着込むならLサイズがオススメということでした。そして昨年はついにLサイズ購入となったのでした。1シーズン着てみた感想は、Lサイズだとゆったりしていていいのですが、やっぱりちょっと大きかったかな~というものでした。

IMG_6859ラッシュジャケット(黒)Lサイズ

【身長178cm、体重78kgの私にはMサイズが適正】

そこで今年になってちょっとお財布に余裕もできたところで今度はMサイズを購入してみることにしました。ちなみに今年も黒色を考えていましたが、今年のラインナップに黒はなかったので、黒字に白のアクセントの入ったオルカというカラーを選択しました。オルカっていうのは、その昔、シャチを題材にした「オルカ」っていう映画がありましたが、シャチのイメージなんでしょうかね?白いアクセントは胸の始祖鳥のマークとフードの文字ロゴ、サイド・ポケットと肩のポケットのジッパーにつけられています。胸には始祖鳥のマークのみでアークテリクスの文字はありませんが、むしろ私的にはこちらのデザインの方が好みだったりするのでよかったです。昨年試着しているのでMサイズが身体にフィットすることはすでに知っています。公式サイトで入荷するのを毎日チェックし、入荷を確認した時点で即ポチりました。1週間もしないうちに品物が届き、早速、開封!

IMG_6855ラッシュジャケット(オルカ)Mサイズ

黒地に白のアクセントの「オルカ」は思っていたより派手な感じもします。まあゲレンデではこれくらいの方が良いかも…。Lサイズに比べたら見た目はすっきり引き締まり、パリッとしているので真冬とかなら街着のアウターでもいけそうです。今年は冬用にグローブや靴も買ったので後々紹介できたらいいなと思っています。冬を楽しみましょう!